読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質・炭水化物INFORMATION 美味しく糖尿病

糖質や炭水化物の量を意識して毎日生活中。その情報や日常生活を記録するブログ。自分・家族・仲間・大切な人のために、糖尿病・糖尿病予備軍・糖尿病予防中でも美味しく食べたい、食べて欲しいと料理を頑張る誰かの力になれれば。。広島県福山市・府中市から発信。外食もお出かけもいきます♪

MENU

針は長くて驚くけど痛くないので心配せずにガツンと迷わず一気に刺そう!装着編フリースタイルリブレ日本版 私の使用記録vol.3(糖尿病・血糖値)

 

まだ保険適用『Free Style リブレ』の日本版購入私の使用記録第3弾。 

vol.1 リブレについて】 【vol.2値段について】 【vol.3装着の痛さについて】 【vol.4 実測血糖値とリブレの誤差】 【vol.5 電池の持ち具合】 【vol.6 液晶保護フィルムを貼る】   【vol.7本体交換になりました】 【vol.8 データをPCに取り込む】 【vol.9 2週間カブレなかったか、外れなかったか】  【vol.10 2週間使用後良かった点】  【vol.11 2週間使用後改善して欲しい点】


今回は開封、センサー装着までのまとめ。
取扱説明書の通りに順番に進めて行けば、手順自体は迷うこともなく、装着まで行ける♪♪

問題は、針が長いので、自分で装着するのにドキドキするという事くらい(汗)
私はヘタレなので・・・・・・・、実際に針を装着するまで・・・15分は眺めていた(笑)
私のようなヘタレ気味の方・・・・、私の感想をみて、痛みを心配せず一気に刺しちゃってください(笑)

まず順番に開封!!!


Readerと呼ばれている、スキャンする本体の設定。
日付や時間の設定も、説明書通りで難しいことはない。
まぁ、スマホに慣れ過ぎていて・・・・・液晶画面の反応の悪さに・・・・・。
多少、イラッと感を感じる瞬間もあるかも(笑)
いや、スマホ慣れしている人には・・・・・結構ストレスかも(笑)
まぁ、仕方がないですが。

(後日追記 初回の本体が少し初期不良気味だったのかも?本体交換後は、触ったストレスなく反応はします。スマホほどなめらかなタッチではありませんが。以上)

Reader設定をしながら、先生と話しておけばよかったなぁと思ったのは。
「目標グルコース範囲」をいくつからいくつにするのかってこと。
まぁ設定で後から変更できるの、一旦80以上180以下で設定した私。
このフリースタイルリブレは、データで目標範囲内であった時間などがデータとして表示されるみたいなんですよね。
自分に厳しく160以下にしておくべきだったか(笑)
こういう目標数値って、人によって先生から言われている数値がそれぞれ違うと思うので。
スタート前に相談しておくか、まぁ次の時に先生に確認するかかしら。
私も忘れず来月聞こう♪

f:id:zen1014:20170206194043j:plain


二の腕に浸ける、丸いセンサーのセット。
自分でキットを組み合わせるのだけれども、コードが同じ数字になっているか、しっかりと確認とのこと。




ペロンと開封すると、↑な感じ。

 

f:id:zen1014:20170206195451j:plain


グレーの方もプラスチックを回してとると、↑な感じ。
赤丸のところに、針をセットする作業が次。

f:id:zen1014:20170206195543j:plain

赤丸で囲ってある部分。
グレイの線と、グレイの線を盾になるようにセットして。




机の上に置いて、上からガシっと押す。
写真のように、下までグレイの容器がぴったり入る。
これをゆっくりと持ち上げたら、針がセットされているのが見える

f:id:zen1014:20170206200313j:plain


で、ここで初めてビビるわけですよ(爆)
えぇ~~~~!!!!!
みっちゃったよ、みちゃったよ!!!!

こんなに針が長いなんて、結構太いなんて、聞いてないんですけど~~!!!!
自分で見ちゃったら・・・・、ヘタレな私は・・・・、一気にストップ(笑)
まじで、これ、自分で刺すの!!!!
垂直にこの針が、腕に刺さるのか!!!
まじか!!!!
プチパニック(爆)

ビビり要素は2つ。
1つは単純に・・・・・・これ、本当に痛くないの???ってこと
2つ目は・・・・・・これ装着失敗したら7,500円が一気にゴミになるってこと笑


痛いのは嫌だけれども・・・・、先生が実際にやってみて、痛くなかったっておっしゃっていたので。
それを信じるとして(笑)

どちらかと言うと、装着失敗で7,500円が無駄になるってのが・・・ビビり要因かな。
あ、痛い!っておもって、途中で力を抜いちゃたら・・・・・・ビビッて、ちゃんと装着できなかったら・・・・・7,500円が活用されずにゴミ箱行決定だ(汗)
って、長い針を眺めていたら・・・15分は眺めて経過しちゃった(笑)


まぁ、もうその日は23時近くなっていたので・・・・。
眠くて眠くてしょうがないから・・・・・・・。
決意をして、装着(笑)
二の腕の外側というのかな、二の腕の下側?
容器を刺したいところにおいて、押すだけ!
っていっても、その押すまでに・・・多分また数分は経過していたと思う(笑)

で、いざ、押す!!!!
えぇ??????
装着できた????????
全く痛くないんですけど・・・・・・・・・。
普段の血糖値測定の針の方が細いのに・・・・・あれよりも痛みがない。
っていうか、装着成功したか心配なくらい・・・・、刺さった感がなかった。

そして、装着後もほぼほぼ、私の腕に針が刺さっているっていう違和感は殆どない。
おぉおおおおお、スゴイ!!!!
予想以上の違和感のなさ。

先生から装着の容器を腕から外す時は、ゆっくりめが良いとアドバイスをもらっていたので、ゆっくりと容器を腕から外して装着完了!!!!
さて、測定、測定!!!!

 

っておもったら・・・・・・・。
説明書の次のページをみたら・・・・・。
センサーを腕にセットしてから。。。。。。。
60分待ちでした(汗)
眠いのに・・・・・(笑)


翌日日曜日は仕事のため、早く寝ようと思って。。。。。
まだかな、まだかなとセンサーを触り続け(笑)
律儀にその時の時間を答えてくれる、フリースタイルリブレ(汗)
あと、4分。

はい!
やっと測定開始!!!!!
2/5の夜中に、測定開始です♪♪
本当にパッと近くにかざすだけで、数値がでる!!!!
説明書はまだまだ24ページ(全体は94ページ)までしか進んでませんが(笑)
眠さにまけて・・・・・・、この日はここまでで就寝。

f:id:zen1014:20170205154708j:plain

服がかなりの厚さでも、センサーは読み取ってくれるとのこと。
腕に2枚くらいの服は、余裕!!!!
気を付けなければならないのは、服を脱ぐときに引っかけないことかな。
予想以上に違和感が少ないので、意識していないと・・・ひっかけちゃう。
ひっかけてダメにしても・・・・・7,500円が無駄になるので(汗)
2週間みっちり使うのが、今の目標です♪♪

薬局や先生に聞いていたこととしては。
最初はフリースタイルリブレの値が低めにでるようだということ。(最初が1日なのか2日なのか???)
そして血を使って測定する普段の血糖値と、このフリースタイルリブレで測定するグルコースの値が1日~2日くらい差が大きいかもしれないということ。
基本は補正がいらない測定器なので、差は気にしない生活かと思ってましたが。
そうすんなりは、行かない様子。

なので低い数値がでたりしたら、一旦は血を使った血糖値測定の結果で判断ってこととなりました。

ってわけで、次回はそんな数値の差や。
実際に測定してどんな感じかをまとめていきたいと思います♪


【アボット社HP フリースタイルシリーズ 測定器全般のHP】
【アボット社HP フリースタイルリブレ詳細説明の PDF】
【アボット社HP フリースタイルリブレの説明ページ】

vol.1 リブレについて】 【vol.2値段について】 【vol.3装着の痛さについて】 【vol.4 実測血糖値とリブレの誤差】 【vol.5 電池の持ち具合】 【vol.6 液晶保護フィルムを貼る】   【vol.7本体交換になりました】 【vol.8 データをPCに取り込む】 【vol.9 2週間カブレなかったか、外れなかったか】  【vol.10 2週間使用後良かった点】  【vol.11 2週間使用後改善して欲しい点】