読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質・炭水化物INFORMATION 美味しく糖尿病

糖質や炭水化物の量を意識して毎日生活中。その情報や日常生活を記録するブログ。自分・家族・仲間・大切な人のために、糖尿病・糖尿病予備軍・糖尿病予防中でも美味しく食べたい、食べて欲しいと料理を頑張る誰かの力になれれば。。広島県福山市・府中市から発信。外食もお出かけもいきます♪

MENU

自己紹介

             f:id:zen1014:20161210172413j:plain

はじめまして、ブログを読んでいただきありがとうございます♪♪
このブログは私zen1014が個人的に書いているものになります。
私の趣味趣向がそのままブログ記事の文章に反映されることになりますので、よろしければキーワード自己紹介だけでも、チラッと読んでいっていただけたら嬉しいです♪
(たらたらと長くなりそうなので、最初にキーワード自己紹介。あとはタラタラと思いつくものをつづります)

【「このブログを開始したわけ」に関しては、過去記事をどうぞ】

 


【キーワード自己紹介 2016年12月10日現在】

zen1014/広島県福山市在住/1978年生まれ/38歳/O型/ひとりっ子/2008結婚/夫と2人暮らし/身長差35センチ夫婦/2世帯住宅(3世代同居)/広島県府中市/旦那の実家の手伝い/主婦/スイーツ/パン/コーヒー/フレーバーティー/チョコレート/チーズケーキ/フルーツ/マフィン/府中焼き/鶏/コールドプレスジュース/海外ドラマ/ミステリー/イケメン俳優/ジャニーズ/赤/ピンク/カラフル/ドット/ジェルネイル/Ⅰ型糖尿病/成人発症(36歳)/3.11/北海道/新潟/山梨/栃木/愛知/塾長/理科/数学/手作りジャム/宅建

 


【Zen1014の由来】

Ⅰ型糖尿病と判明した入院時に見た、「イライラは血糖値を上げる」という文字。もともと短気というわけではないが、日常のちょっとしたイライラも血糖値に関係するかもと知り「の心で~~~、イライラしない。イライラは血糖値があがるから」が口癖に。

ある日突然全く予想していなかったインスリン生活がはじまり、食事の見直しが急務に。食べたいだけ食べることができなくなって初めて、1のご飯の美味しさとありがたみを感じ、1日3回の(料理・食事)の重要性を痛感し、さらにそのをどう楽しんでいこうかと考えるように。
禅と膳が入院初日から私の心に占めるようになってから、Zenという単語が常に頭にグルグルグル。
家族や友達の意を感じ心ある言葉をもらい、生活を進的に改をし、そしていつか科学の進歩により快も夢見て。
診断を受けるには戻れないのだから、進あるのみ。
ご近所では同じ病気の人にはなかなか会えないが、今の時代NETで国の人の情報が手に入るから、悲観的にならずに向きに過ごしたい。

一度Zenを意識すると、「ぜん」という言葉のとりこになってしまい、今記載の言葉にかかわらず、「ぜん」が気になってしまって。
Zen1014という名前にしました♪

 


【私のタイプ】

元気/明るい/天然と周りに言われる(母よりはマシと自分では思っている)/基本前向き/寝て起きたら大抵の嫌なことはリセット/単純/信じやすい/だまされやすい/褒められると頑張るタイプ(子供か笑)/さっぱり思考/自分は自分 人は人/かまってちゃん/ある意味頑固/はまるとトコトン/短気ではない/段取り心配性/お出かけ好き/何日でも引きこもりもるのも好き/自分に激甘/顔にでる/お酒は弱くて飲めない/整理整頓が苦手/早起きが苦手/名前と顔を覚えるの苦手/標準語だったはずが、広島弁とはまた別の備後弁になりつつある/楽天市場派/etc

 

 

【私からみた旦那のタイプ】 きっとブログ登場率は高いので笑

 天才肌/効率性を求める/頭の回転が速い/好きなことは徹底的に/現実的/話好き/出会好き/記憶力がすごい/興味の無いことは全く記憶されない/裏の裏の裏までも考える/自由人/変人(普通はねって言うと、普通の定義は?っていう時点で、ほら笑)/基本穏やか/基本優しい/急に仕事中とかMAX怒り沸点に達する(スイッチ見たい笑)/NETやITに強い/何でも金額換算する/明るい/元気/天邪鬼/短期集中没頭タイプ/クーポン好き/お酒は弱くて飲めない(夫婦ともに)/天然パーマ(すごい、大泉洋君を超える)/地元にいると翻訳ソフトがいるくらいの備後弁を話す/Amazon派/etc

 


【夫婦】

154センチ O型、189センチ A型の身長差35センチの凸凹カップル。
自営業のため、比較的夫婦でいる時間が長いようなきもするが、旦那は大抵夜は、会合やらなんやらでいないため、長いような短いような時間を過ごしている?
一緒に通勤中が夫婦の会話の時間かな?
そんなわけで、おひとり様のワンプレートごはんの記事の登場も多いと思う。

 

 

【私の好きなもの】

・府中焼き・・・府中市のお好み焼き。美味しすぎて結婚してから1週間ほど通い続けた。また記事を書きたい♪
・瀬戸内海・・・日本海を見て育ったので、瀬戸内海の穏やかさとブルーの色のとりこ
・パンツアー・・・気になるパン屋に、遠くまで遠征に(笑)
・チョコレート・・・カカオ70%以上のタブレット(板チョコ)が多い

・チーズケーキ・・・糖質が他のスイーツよりも少な目なことがおおいから。
・おからマフィン・・・現在自分で色々なおからマフィンを試行錯誤作るのに、ハマり中
・パン・・・総菜パンや菓子パンより、シンプルなパンが好き。白パンやハード系のパン、ナッツやドライフルーツが入っているのも好き。
・フルーツ・・・全般的に全部好き。桃、メロン、洋ナシ、デコポンは特に好き。
・飲み物・・・コーヒー、フレーバーティーにはまり中。フレーバー炭酸も。
・色・・・赤・ピンクが好き。原色系のはっきりカラー
・帽子・・・ベレー帽
・コールドプレスジュース・・・フルーツたっぷりが好きだが、嫌いな野菜をこれでごまかして飲む。
・海外ドラマ・・・小さい時から好き。ミステリー、サスペンス、恋愛が多い
・テレビのイケメン・・・テレビの中のイケメン俳優や、ジャニーズのイケメンを見てニマニマ。特にファンクラブに入っているわけではないけれど。
・本・・・ミステリーが中心
・ネイル・・・ジェルネイルを継続中
etc

美味しいと聞いたら、ちょっと遠くても行ってみたくなるタイプ。
美味しいと聞いたら、いつかその近くを通ったら寄ろうと狙っているタイプ。
美味しいと聞いたら、オンラインショッピングしてみたくなるタイプ。

 

【苦手なもの】


・生野菜・・・好きなものあるが、生だと食べられない(’食べたくない)ものも多く、野菜ジュースで一気に飲んじゃう。
・虫・・・ゴキ〇リ
・スイーツ・・・黒餡
・薬味・・・みょうが、シソ、ネギ、大葉、わさびなど
・雑談
・NETやITの新しい知識を吸収して使用すること
・ぶりっこ
etc




【学生時代】

転勤族だった父の仕事の関係で、北海道札幌市(~小2)、新潟県新潟市(小3~小6)、山梨県甲府市(中1~中2夏)、栃木県宇都宮市(中2~高3)、新潟県新潟市(大学)と転校を繰り返す。
新しい土地で楽しもう、どこか行ってみよう、知ってみよう、探してみよう的な両親。
私はきっとその影響を受けており、今は住んでいる広島を中心にあちこちの楽しそう、美味しそうなところを探し、両親に情報提供中♪

 

 

【社会人時代】

就職で愛知県へ。

愛知県の碧南市刈谷市豊橋市の3か所に引っ越し。
愛知県・静岡県をメインとした某予備校の、小中の塾講師、理科・算数・数学を中心に指導。
正社員のみが授業という徹底ぷりで、研修も授業研修だけではなく、スピーチ、コーチング、ほめ方、しかり方などなどと想像を超える量の研修が、連日毎日毎日。(新入社員だけではなく、入社数年目もみんな。そしてある程度の年数の人は指導側だから結局、いつまでも連日研修が続く、講師が商品というプロ意識が半端ない)
あの時の仲間は、本当に戦友だと今でも思う。
『塾長になるまでは絶対にやめない』という目標のもと、知り合いのいなかった愛知県生活を乗り切る。
感動や人間ドラマが満載の仕事、心が熱くなる仕事だったと思う。

 

 

【結婚して広島へ】


2008年、広島県福山市の北部といわれる、福山駅から車で20分くらいの郊外エリアに、結婚してアパート暮らし開始。
花嫁修業なんてしてこなかった私が、料理も好きなものしか作れなかった私が、主婦業開始。(クックパットが救世主に見えた 笑)
車で30分くらいの、お隣広島県府中市で自営業をしている旦那の実家のお仕事も、ボチボチお手伝い継続中。

2011年3月11日東日本大震災の当時、私の両親と祖母は定年前の最後の勤務地ということで、学生時代の両親の思い出があるらしい仙台市に住んでいた。
広島には私の家族は誰も縁がないのだが、私がひとりっ子という事もあり、定年後は私のいる福山市に来るという話がでていたときの話。
連絡が取れない時間が長く心配もしたが、マンションの中のものは大変な様子だったようだが、怪我などもなく安心したのを覚えている。
土地の決済は震災の混乱で予定通りにはいかず、新築木造の家は両親たちの希望で辞めることになり、軽量鉄骨の家に変更。
現在は1階に私の両親&母方の祖母、2階に私たち夫婦という、2世帯住宅(3世代同居)。
玄関も水回りも公共料金等の支払いも、何もかもが完全に別状態なので、同じ敷地に単に生活している感じ。

生活時間もかなりちがうので、「久しぶりだね~~~」って祖母に言われている旦那の姿をよく見る(爆)
私の両親達との2世帯住宅は、旦那の提案。


ってわけで、府中市に仕事に行ったら旦那のお母さんがいる家、自宅に帰ったら私の両親と祖母が1階にいるという感じ。
元気な時は、それぞれの家族が自由に、誰かが病気になるとすぐに動ける距離感に感謝しています。

昔は、県をまたぎまくっていたので、お正月やお盆の実家への帰省が遠くて大変でしたが。
今では、お正月やお盆は移動もなくかなり暇です(笑)


【2016年12月2日~】
36歳の時に、1型糖尿病と診断が付きました。
その時まで、手作りジャムの委託販売をしていたのですが、インスリンを打ったあとの1日3回しか基本ものを食べないような生活となったため、味見や試食ができないのでこれを機に手作りジャムの委託販売をやめさせていただきました。
今は旦那の仕事のちょとお手伝いと、主婦をしています。


糖尿病というと、腫物のような扱いをされることもある。
食事に誘ったら、何かかわいそうだから・・・」「そんなの食べているから・・・」「30代からかわいそうに・・・・」etc

私自身の中では、私の仲良くお付き合いしてくれる人に、私の気持ちが理解してもらえれば、それで十分だと思うようにして、無駄に自分自身が傷つかないようにと思えるようになった。
そう思えるようになったからこそ、糖尿病のことを含めたブログを書けるようになったんだと思う。


誰かと一緒に出掛けて、美味しそうなお店があったとき、私だけ食べ食いが途中できなくて、友達に気を使わせてしまうこともあるけれど。
私は友達に食べたいものは我慢せず食べてほしいと思う。

自分がその場で食べられないからってイライラするわけでもないし、悲しみが襲うようなこともない。
ドリンク飲んで友達が食べて感想を言って、笑って話しているので十分幸せだ。
すっごく美味しい!!!って友達が言ったら、家族にお土産にするかもしれないし、私も買って後で家で食べるかもしれないし、次の機会にそれを狙ってでかけるかもしれない。
「私は食べるからね♪」って言って自由気ままに食べてくれる友達の様子を見ながら、ありがたいなぁと感じる。

それでも友達に気を使わせているのだとは思うけれど、それでも誘ってくれる友達には、普段言葉にはしていないがとても感謝している。


今現在の医療では、寿命を全うするまでこのⅠ型糖尿用とお付き合いをしていかなければならないので。(ips細胞の研究が間に合い、全快が来る日も夢見ながら笑)
自分の周りの人には理解してもらって、楽しく生活をしていきたいと思っている。

私はたまたまⅠ型糖尿病だけれど、誰にでも健康に不安はあるだろうし。
本人にとっての健康問題は、病気の大小とは関係ないと思う。
健康でも、コンプレックスや精神面で、すごくすごく悩んでいる人もいると思う。
自分を知らない人にまで理解してもらうのは難しいのかもしれないけれど、自分の周りの人に理解してもらって、みんなが素敵に過ごせたらなぁと感じます♪

私にいつも声をかけてくれる皆さん、本当にありがとう(^^♪
そして常に、前向きに現実的にとらえてくれる旦那にも感謝。





www.fukuyamabingo.info