読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質・炭水化物INFORMATION 美味しく糖尿病

糖質や炭水化物の量を意識して毎日生活中。その情報や日常生活を記録するブログ。自分・家族・仲間・大切な人のために、糖尿病・糖尿病予備軍・糖尿病予防中でも美味しく食べたい、食べて欲しいと料理を頑張る誰かの力になれれば。。広島県福山市・府中市から発信。外食もお出かけもいきます♪

MENU

カレー塩で糖質制限!ワンプレートでお家ごはん!蒸し鶏胸肉をカレーの香りで心も満足させる♪

 

カレー塩を使って、カレーを食べたい気分とちょっとごまかしてみる作戦(笑)
よくやる♪

糖質制限や、糖質を気にして生活している人にとって、カレーライスと言う食べ物は要注意ランキング上位であるのは間違いない(笑)

 

その理由は・・・・
・市販のカレールーには、小麦粉が使われているから。
・カレーの一般的具材が曲者、じゃがいもは糖質計算が完全にいるし、玉ねぎや人参も野菜のなかでは、糖質高めに分類される野菜。
(じゃがいも100g 中1個分くらい 糖質は約14g)
ごはんの量がいつもより多くなるから。

 

f:id:zen1014:20161129181431p:plain

まぁでも、市販のルーにはしっかりと炭水化物量が書いてある。
だから、食べたければ成分表を見ながら、自分の定める糖質内で食べることも、もちろん可能


ただ書いてある栄養成分表が、例えばバーモンドカレー中辛なら
表示の分量で作った場合、1皿あたり炭水化物8.6gなどと記載。(ごはん別)

この表示の分量でってのが、難題だ(笑)


箱に書いてある分量通り、カレーってそんなにキチキチつくらない(笑)
キチキチ作らなくても美味しくできるのが、カレーのいいところだし(笑)
野菜の量や具材だけの問題じゃなくって、お鍋にまとめて煮込んだのを、自分の分が1皿分あたりになるように盛り付けるのも難しいし(笑)
じゃがいもや人参をまとめて煮込んだうちの、どれくらいが自分のところに盛り付けられたかってのも、なかなか高度な目分量。


糖尿病と食事のお話をしてくれるような会に参加すると、カレーが要注意な理由は、「ご飯がいつもより多くなってしまうことが多いから」って話が多いかな。
確かに、いつものごはんの量にカレールーをかけただけだと、物足りない(笑)
もっと食べたい気分に襲われる、ここで自制できる自分がいるかどうかだ(笑)
自制できそうなら、家でカレーを作っても大丈夫。
(大抵1回分じゃなくって、翌日もってなるから、自分へのカレー自主規制時間が長いんですよね、匂いもずっとするし 笑)
でも、ご飯の量で糖質量がぐっとかわるから、食べすぎ注意(笑)

ってわけで、カレーのスパイシーな気分を感じたい誘惑がでてきたときは
しばしカレー粉や、カレー塩で自分をごまかす(笑)
で、自分をごまかしきれなくなったころ、家でカレーやシチューを作ることに


今回のカレー塩。
岡山イオンモールに入っている「久世福商店」さんで購入したカレー塩。
他にも胡椒ゴマ塩とか、ゆず塩とかいろいろな塩のラインナップが。

【久世福商店さんのHP】


今はこういう色々なブレンドのお塩が、数多くありますよね♪
調味料が並んでいそうなお店にはいって、こういうコーナーを見に行くの、ちょっと楽しんでます、私。


同じ鶏むね肉でも、この使うお塩のブレンドやスパイスによって、だいぶ味が変わって楽しめるから好き♪
で、気を付けないとスパイスや塩の瓶が増えている(汗)

 

 

前回紹介したティファールの蒸し器を使用。
【ティファール蒸し器の私の過去記事】


鶏胸肉の皮だけとって、カレー塩を適当に表裏にかけて
肉の厚みを均一にするのもめんどくさがって、ラップで巻いてからグルグルグルグルして、無理やり同じ太さに仕上げて(笑)
※手抜きをした分、切ったときにキレイな断面じゃない部分もありますが、ご愛嬌


25分ほどタイマーをかけて、あとは放置、簡単!

この日は蒸し終わらず放置したまま(時間が来たら勝手にとまる)仕事に行ったので、帰宅したら完成している!
実はこの日の夕食準備、帰宅してから調理らしい調理なし


この蒸し器から取り出して鶏むね肉をカット。
1食分測定済みの雑穀米を解凍
蒸した後1回分くらいずつにラップしたかぼちゃを解凍
冷蔵庫のストックのブロッコリーやほうれん草の胡麻和えワンプレートに乗せる。
野菜を洗う。
終わり~~~!!!!!完成!!!!食べる!!!!!


家でのおひとりご飯、料理をする気分じゃなくって帰宅しても、何とか何か糖質減のご飯がすぐに食べられるようにと、日常ストックなどを努力中。
もうちょっと効率よく料理を極めたいんですけど、まぁ先は長い頑張ります♪

うっすらカレー風味が鶏肉に染み込んでいますが、うっすらです。
なので、カットして盛り付けた後、少し追加でかけてみました♪
これでカレーを食べたい気分をいったん1回分乗り切り。
乗り切れなくなったころ、本物のカレーです。
いや、私の場合カレーより、シチューが好きかな。
カレーもシチューも糖質要注意料理なことは、変わらない・・・・・。
シチュー食べたいなぁ(笑)


カレーに関しては、自分でスパイスをブレンドして、小麦粉を使わずカレーを作れば、ルーの糖質量はぐっと減るようです。
まぁ、でも、ごはんの量食べすぎ自主規制に関しては、必要(笑)

やっぱりカレーライス、恐るべし。