糖質・炭水化物INFORMATION 美味しく糖尿病

糖質や炭水化物の量を意識して毎日生活中。その情報や日常生活を記録するブログ。自分・家族・仲間・大切な人のために、糖尿病・糖尿病予備軍・糖尿病予防中でも美味しく食べたい、食べて欲しいと料理を頑張る誰かの力になれれば。。広島県福山市・府中市から発信。外食もお出かけもいきます♪

MENU

自分の体で人体実験!キクイモを食べて血糖値を測定!本当に血糖値は上がらないのか

糖尿病関連の情報にアンテナをはっている人は、必ず目にしてるであろう

『キクイモ』
イモという名前がついていても、イモ類ではなくキク科のため、イモのようにでんぷんが多いわけではないらしい、なんとも紛らわしい名前の持ち主(笑)


多い成分は水溶性の食物繊維イヌリンという成分で、この「イヌリン」の健康効果が糖尿病の人にとって嬉しい、血糖値に効果があるとか、その他にもキクイモは中性脂肪、ダイエット、整腸作用、コレステロールなど誰もが気になるキーワードに効果があるとか・・・・・・・・・・・なぞ。


まぁ、とにかく『キクイモ』で検索を書けると、本当に知りたい科学的根拠のある情報よりも、綺麗に整理されている見やすい健康食品サイト、健康サプリサイト、もしくは健康情報まとめ記事からの健康補助食品販売を促すサイトに到着することが多いこと、多いこと、多いこと、本当に多い、多すぎるよ(笑)


ってわけで、とにかく、血糖値を下げる効果の審議についてはまずは置いといて
食べても血糖値が上がらないってことを、自分の体で血糖値実験してみることにした(笑)
血糖値が上がらいなら、今後気楽に食材で使えて、ジャガイモなどの代わりに使えるし。
食べているうちに、本当に科学的にも体に良いと判明したら、ラッキーだし♪

 

 


【キクイモ血糖値実験の方法】
皮をつけたまま、小さめにかっとして、茹でる。

血糖値測定

50gほど食べる。(インスリン注射はしない)

1時間後血糖値測

2時間後血糖値測定

  


【結果】
食べる前の血糖値 133

1時間後の血糖値107

2時間後の血糖値108


おぉおお、食べも上がらないってことかも!!!!
これなら、スープの具材のかさましに使える♪
じゃがいもや、かぼちゃが好きだけれど、がっつり糖質計算をしなければいけないので。
血糖値が上がらない系の食材なら、キクイモをスープに入れて、量を気にせずに盛り付けられるから良い♪♪


(注)食べる前の血糖値が133で、1時間後が107なので、下がったのか?とも推測できますが。測定が昼食を食べてから4時間弱ぐらいのため、お昼の超即効型インスリン注射の影響がまだ少しあったから下がったのでは?と今回は考えてみました。次にキクイモ血糖値実験をするときは、食前影響がない朝食前とかにやってみたいなぁ

 

2015年にNHKためしてガッテンTBSのスーパーかけこみドクターなど超メインどころの健康番組で特集された事も大きいようで、キクイモ情報を取り扱っているサイト・ページがたんまり。
で、ちょっと根を上げながらも、私なりに頑張ってかなりの量のサイトを徘徊して、読みまくってきました。


そもそも、数多くのサイトで使われている『天然のインスリン』って言葉。
20世紀前半に自然療法の先駆者もしくは予言者?のエドカー・ケイシーさんが、糖尿病患者に食事療法としてキクイモを食べるように言い、糖尿病による合併症から数多くの人を救ったらしく、この人が「キクイモは天然のインスリンだ」と言ったようです。
1921年くらいがインスリン発見だったと思うので、このセリフもその頃の時代のようですね、結構前のセリフだったんですね。


で、さらに他のサイトとか、お医者さんが書かれたような記事や、最新っぽいもの話を読み続けていくと。
血糖値を下げる腸内細菌がいるようで、その腸内細菌の餌が水溶性の食物繊維、それが「イヌリン」などらしい。
そのイヌリンが多く含まれているのが、ダントツでキクイモ
ってことのようです。
だから、キクイモを食べたら誰でもパット血糖値がさがるミラクルな食べ物ってことではなく、腸内細菌がうまく働いてなかったりする人にとっては、血糖値を下げる効果があるかもってことなのかな。
で、どちらにしても、まだ研究中?のようで、完全断定的な感じではないようです。
テレビとかの情報だと、期待できる、研究中、わかってきた、って言い方ですから。
それが、ネットになると「血糖値が下がる」と言い切っているから怖いっす。

 


皮を剥いたら、ジャガイモ系のほっこり感もあるキクイモ。
血糖値コントロールをする上で、糖質制限の食材としてはありだと私は感じました♪
根本的に血糖値を上げにくい食材みたいだから、かさまし食材として。
そして、キクイモのイヌリンが腸内でキクイモオリゴ糖になって、善玉菌の餌となり、血糖値を下げる腸内細菌が元気になって、血糖値もいい方向に向くかもしれないのなら、さらに嬉しい(^^)/

(基本Ⅱ型糖尿病の方に効果がある様子みたい?)


キクイモを食べても血糖値があまり上がらない理由としては、菊芋の炭水化物のうち、大半が食物繊維のイヌリンらしく。
イヌリンは小腸で吸収されないため、血糖値が上昇しないってことみたい。

 

ってわけで、途中の写真たちは、本日のキクイモ生姜スープの料理途中♪
料理人のお友達が、Facebookで下茹でしたキクイモで美味しそうなスープにしていたので。
料理人の真似して下茹でしてから、スープにしてみた(^^♪
皮を付けたままカットして、茹でて。
私はカツオの出汁スープに、乾燥生姜パウダーと、塩としいたけと、キクイモを入れて、ひと煮立ちしたら味が染みるように放置。
食べる前に、大きなナメコと人参、お醤油をちょっと入れて温めて、茹でたほうれん草をチョコんと。


キクイモの味

皮がついていると、味も香りも、ごぼう系

皮を剥いたら、さっぱりとしたジャガイモ系
今回は皮ごと使ったので、スープもごぼうが入ったスープのような感じ。
皮が気になるような、気にならないような、微妙な感じではありますが(笑)
皮をむいて煮込んだら、一気に崩れてしまいそうなくらい、あっという間に火が通りました。



ちなみに今朝は、コールドプレスジュースにキクイモは生のまま入れました。
いろんなレシピを見ると、生もOKで、サラダなどにもしゃきしゃき食べられるとのこと!
他の料理にも、色々使ってみたい♪
今の時期、私の住んでいる広島県福山市府中市では、産直市や道の駅でキクイモいつも販売されています。
1枚目の写真のキクイモ山盛りで、130円~150円くらいです。