読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質・炭水化物INFORMATION 美味しく糖尿病

糖質や炭水化物の量を意識して毎日生活中。その情報や日常生活を記録するブログ。自分・家族・仲間・大切な人のために、糖尿病・糖尿病予備軍・糖尿病予防中でも美味しく食べたい、食べて欲しいと料理を頑張る誰かの力になれれば。。広島県福山市・府中市から発信。外食もお出かけもいきます♪

MENU

健康な旦那の隠れ血糖値スパイクをチェックをするのに1回の測定金額計算 血糖値測定器自己購入したら

健康な旦那血糖値スパイク(食後高血糖)が発生しているかを調べるのに、金額的にはいくらかかるのか?
計算してみた!


消耗品のみで計算すると、1回の測定は約150円弱
1回測定分は自販機のペットボトルの値段だが・・・

隠れ血糖値スパイクか判断するのには、食前・食後の測定で1日6回の測定になるから、

150円×6回=1日約900円
さて、高いとする?安いとする?
ちょっと考えてみた。



【血糖値スパイク(グルコーススパイク、食後高血糖)】
健康診断で、健康で糖尿病の疑いが無いとされている人でも、血糖値スパイク(食後の血糖値がグラフにするとスパイクのように、とんがったように高めの数値になっている)が発生している人が多い、ということで注目。
糖尿病に限らす、脳梗塞心筋梗塞認知症、癌などのリスクを高めるということで、現在大注目ワード
普段から健康診断などをうけて、健康意識が高い人でさえも、知らないうちに血糖値スパイクが発生しているかもしれないという事が、人の不安をあおるキーワードだ。
健康だって診断を受けているのだから、なおさらビックリですよね。


2016年10月8日放送のNHKスペシャル

『血糖値スパイク”が危ない~見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策~』
の放送後からなのか?この血糖値スパイクという文字を目にする回数が一気に増えた。
2016年11月18日放送のNHKあさイチでも

『女性が喜ぶ情報満載!血糖値スペシャル』

で血糖値スパイクの話がでて。

今朝、旦那と何気なく見ていたテレビ朝日のモーニングショーでも「血糖値スパイク」の特集をしていた。


血糖値スパイクの予防には、野菜から食べる、食事を抜かずに3食たべる、早食いだめ、食後の運動などなど、誰もが耳にタコ的なくらい聞いている、生活習慣病予防の内容とかわらない感じ(汗)


で、血糖値スパイクが発生しているか見極める方法は、食後の血糖値を測定
健康診断などでは、空腹時の血糖値なので、食後の血糖値がどうなっているのかはわからないんですって。

NHKの放送内容ページ↓
『血糖値スパイク”が危ない~見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策~』

『女性が喜ぶ情報満載!血糖値スペシャル』

 

 

 

我が家は2014年12月に夫婦でうけた人間ドックの最後の診察で。
私はⅠ型糖尿病の疑いありということで、即当日入院を言い渡され、その後色々な検査をうけⅠ型糖尿病と診断。
それ以来、血糖値測定の毎日なので、私は隠れ血糖値スパイクという事は心配がないと思う。

(年に2回ほど、24時間の機械をつけての血糖値モニターの結果をみても、血糖値スパイクは大丈夫かな)

ってわけで、問題は旦那が、血糖値スパイクになっているのかどうかってことだ!
実は一緒に行った2014年の人間ドックの診察で、旦那は2型の糖尿病の糖尿病予備軍かどうかのせとぎわ、要観察ですねと言われ。

(糖尿病の90%~95%はこの2型糖尿病、テレビで一般的に糖尿病と言っているのも、この2型の事がほとんど)
旦那は数か月に1回内科の経過観察を余儀なくされた。
Ⅰ型と言われてから私の食事がガラッとかわり、野菜をとり、糖質量を考え、間食ゼロ生活。

私の食事に合わせて旦那の食事内容も自然と変更され、本人の夜中の外食控え、間食やドリンクを数ヶ月意識した結果。
気が付いたら、旦那は「ヘモグロビンA1C数値が健康体ですね、糖尿病予備軍ではありません。」と診断を受けていた
そう、私の中では今は旦那は健康体と認識、食事内容などもそのまま一緒に継続中だし。。
がしかし、この血糖値スパイクって言葉を聞くと、隠れていてわからないというから、はてさて、気になってくる。
せっかく旦那は健康体、糖尿病ではないとされているのだから、このまま糖尿病じゃないままでいてもらいたい。



医療費や保険の点数の話の詳細は詳しくはないのですが。
基本的に、血糖値を下げるためのインスリンなどが処方されている人以外は、血糖値の自己測定に関して、保険適用外のため完全実費
私はⅠ型でインスリンが処方されているので、血糖値の自己測定のグッツ系がある程度保険適用ですが・・・・・・・・。

(計算方法や、主治医や、通っている病院でも何だか違うようで、限界値はわからないのですが・・・この血糖値測定に必要な消耗品は欲しい分だけもらえる感じではないんです。)
私も足りなくなった時のために、保険適用外の完全自己負担で、血糖値の測定グッツを自己購入している日々

 

旦那が血糖値スパイクを心配して、定期的に血糖値測定を自宅でするとした場合。
健康体とされている人が血糖値を測るという行為は、保険適用外のため完全に全部自己負担ということになる。
今私が持っている血糖値測定グッツで、完全自己負担で購入した場合いくらになるのかを計算してみました。


↓私が普段病院から渡されているグッツ


【消耗品】
・ヘキシジン60枚入り・・・ネット価格862円
(アルコール綿で私はかぶれやすいので、ヘキシジン使用)

・ワンタッチアクロ30本・・・ネット価格600円
(穿刺といわれる血をだすための針が入っているもの)

・アキュチェックアビバストリップF 25枚・・・調剤薬局注文購入2,800円?くらい
(血糖値測定のチップ、血を少しだけ吸い込ませる)

なので、1回の測定あたりを計算すると 1回146円くらい。
1回の自己血糖値測定の消耗品は、自販機のペットボトルくらいの金額約150円ってところ。


【本体】
・アキュチェックアビバ 血糖値測定器・・・・ネット価格11,583円
・ワンタッチアクロ 穿刺をセットする本体・・・・ネット価格2,268円

 


1回の測定ごとに捨てる消耗品の他に、測定器等の本体の購入が最初に必要。
この本体が1万前後のものが多く、なかなかの金額。
私の場合は1型で保険適用ということで、血糖値測定器が病院側からのレンタル扱いということになっているらしく、購入はしていない。

じゃぁ、本体購入は1万円と高いから、旦那は私の測定器で一緒に使ったらいいのでは???????

なんておもったのですが・・・・・そう上手くはいかない。
体重計の用に、家族分別データー保存されるような仕組みが血糖値測定器本体についていないので。(たぶん)

旦那が私の測定器を使うと、私の血糖値データーと混ぜ混ぜになってしまう。
じゃぁ、血糖値データーを本体以外でそれぞれ記録していたらいいのでは???
普段は無料アプリに血糖値を打ち込んで、血糖値管理をしている私
って一瞬思ったけれど・・・・こちらもそう上手くはいかない。

1番の問題は私が病院での診察日に、血糖値測定器本体を提出して、血糖値データを全部病院側で取り込みがされ、保存され、グラフ化されたり、1週間とか1ヶ月の血糖値の平均値がだされたりして、そのデータで診察されるってこと。
旦那のデーターがちょこちょこ含まれていると、平均やグラフがおかしなことになってしまう(涙)


ってわけで、

我が家で旦那が血糖値スパイクかどうかをチェックするのに、最適な方法


【1つめ】
私と同じ本体を旦那用にもうひとつ購入

外食などがないような日に、食前食後の血糖値測定を、定期的に無理がない程度にするってことかしら。
私も自身も、完全自己負担で薬局で追加で血糖値の測定チップや測定用の針を購入しているから、同じのが使用できるので、ストックが同じ種類で統一されるのがいい。
これだと、最初に書いたとおり1回の測定が150円くらい。
旦那の隠れている血糖値スパイクがあるか、ないかをチェックするのには、食前・食後の血糖値をしりたいから、
6回測定で150円×6回
1日約900円くらいってことになる。

 

 

【2つめ】
本体や消耗品の金額を安いものをネットで購入して、少しでも安くすませる


私の本体は病院からのレンタル扱いなので、勝手に機種を変更することはできない。
実はこの血糖値測定器本体は、日本での主要なものは何種類もあるようで。
患者の会などで他の患者が使用している器械をみると、私と違うものを持っている人も多く、医療機器メーカーと病院の関係から採用している血糖値測定器の種類はそれぞれのようだ。
患者の会などで、他の方が持っていたような血糖値測定器で金額計算しても、
血糖値測定の消耗品は1回あたりの金額は
120円~150円弱 と大きな差はなさそうだった。
これらは基本的に、日本の正規取扱商品を扱っているところから購入したときの計算。

日本正規取扱商品からの購入ではなく

個人輸入個人輸入代行のサイトを利用すると、

ぐぐぐっ!!!!!!っと金額は下がるみたい。
この血糖値測定に必要な、血を少し吸い込ませる、このチップが1回あたりの値段を左右する。
この測定チップが、日本国内では薬事法の問題がああり、基本的にはネット販売が不可で、対面販売でしか許可されていないとか。
だから、個人輸入個人輸入代行サイトの登場となるようだ。
「血糖値 チップ 安い」などでググると、数多くのサイトがでてくる

 

私が病院からレンタル中の本体アキュチェックアビバも、そのチップも、どちらもmade in USAと記載されていてる。

アメリカ製でした!!!
だから、同じものが安く手に入るならそういう方法もありなのかな?

本体機種を別の海外販売のものしたら、1回あたりの血糖値測定が80円以下、下手をしたら50円以下になる機種もあるようです。
1回あたりの測定金額が、1/2~1/3くらいの価格まで金額が下がるんですね!
1日あたり300円~480円くらいってことか。

 

本体の金額も日本正規取扱商品より、安いものも多いようです。
基本健康とされている旦那は、食後の血糖値の上がり具合のチェックが定期的にできればいいなぁって感じだから。
こういう安いのを利用するのも良いのかもしれない。

(注)日本語の説明がない商品があったり、日本で販売されていない商品で数値の正確性が不明など、ピンからキリまで色々なことがあるようなので、注意が必要な点もあるようです。自己責任でお願いします。

 

 


個人的には、勝手な個人の思い込みではありますが。
血を出すための穿刺(せんし)、針に関しては。
針は日本製がいいな。
旦那が使うとした時も、針は国産を使ってほしいかも。
今使用しているワンタッチアクロ(販売 ジョンソン・エンド・ジョンソン)も、その前に渡されていた針もどちらも同じメーカーが製造していた。
(株)旭ポリスライダーという会社で、岡山県真備市で製造しているようだ♪


海外産の針が悪いという根拠は私には全く無いけれど。
勝手に日本製の針は安心という、思い込みが心にある(笑)


 

 ↑血液量がたりないとこのようにエラー表示が。
このあと血を足すことができないので、最初から新しいので測定しなおしということに。
このエラーが出たとき、私はいつも「ペットボトルが買える!あぁ~~、やってしまた!もったいな~~い」って心で泣いています(汗)


 

 

血糖値測定器を自分で購入して、血糖値測定をしてみるということ
これを高いかと思うか、安いと思うか、、こればかりは金銭的な話だけではなく、個人個人の健康状態の現状にもよるが、性格、考え方、精神的なタイプにも関係することかも。
血糖値というか、糖尿病にいつかなるかも、家族に糖尿病と診断された人がいるから自分も不安、テレビや雑誌や本での特集を見るたびに糖尿病という言葉が気になってしまうようなら、測定する生活を送って精神的に安定する方がいいと私は思う。

精神的に安定ということ。
コレは、私は体にとって、とても良い状態を与えるって思っている。
ストレスが万病のもととといわれ、ストレスが血糖値を上げるホルモンを増やすともいわれ様々な研究がされている中。
精神的に安定ということは、健康には重要な要素なんだろうなぁと。


毎日測定する必要はないけれど、血糖値に不安があるのなら。
毎週月曜日は血糖値の日とか、7の付く日は測定とか(スーパーみたい笑)、外食しない日は測定とか、仕事がある中でも測りやすい自分のルールをつくって。
結果が納得いかない日は、2日間連続ではかるとか。
日常の生活をそのままに、一定間隔的にで血糖値を比較をしていけば、いつもと違う数値が連発したら絶対にきがつくので、お医者の診察をうけにいくということも。

まぁ、どちらにしても、炭水化物(糖質)をたんまり食べとき、炭水化物(糖質)が少ないときで食後の血糖値を測定したら結果は異なるので。
血糖値スパイクや糖尿病予備軍チェックで測定を定期的にするのなら、

比較的血糖値測定デーの日は、同じような食事(糖質の量)にしておいた方が、データー的に比較しやすいと思います。


さぁ~て、旦那の血糖値スパイクチェックはどうやってやるかな(笑)
気にしないタイプかな、やるっていうかな?
帰宅したらきいてみよ~~♪


www.fukuyamabingo.info

www.fukuyamabingo.info